サブドメインの301リダイレクトを設定しよう

サブドメインの301リダイレクトを設定しようエックスサーバ

サイトをhttps化(SSL化)した後は、必ず301リダイレクト設定をしておく必要があります。 301リダイレクトはSEOにも影響するため、しっかりと設定しておきましょう。

エックスサーバーのサブドメイン301リダイレクト設定方法を紹介します。


スポンサーリンク

301リダイレクトとは恒久的な自動転送

301リダイレクトとは、アクセスされたURLから設定したURLへと恒久的に自動転送する処置のことです。


このサイトも http://study.graceeight.com にアクセスしても、https化(SSL化)された https://study.graceeight.com にアクセスされるように設定しています。

このように、設定しておいたURLへ自動的に転送してくれることを301リダイレクトといいます。しかし、サイトをhttps化(SSL化)しても自動的に設定したURLへは転送されません。自分で設定する必要があります。

また、サイトの移転などでドメインを変更したときなどにも301リダイレクトは有効です。なぜなら、検索エンジンに変更前のサイトの評価を受け継がせることができるからです。



ドメインとサブドメインの301リダイレクト設定方法は違う

エックスサーバーでは、ルートドメインはサーバーパネルの「.htaccess編集」から設定することができます。



しかし、サブドメインの301リダイレクト設定はファイルマネージャーの「.htaccess」ファイルを編集して設定しなければいけません。


301リダイレクト設定に必要な「 .htaccess」とは

「.htaccess」は 、サーバーの動きをコントロールするファイルです。

リダイレクト設定やアクセス制限などを設定するときに編集しますが、普段はあまり編集しないファイルです。

記入されているテキストはとても重要なので、間違って編集しないように注意しましょう。正しくサイトが表示されなくなる可能性があります。心配ならば、編集前の画像をコピーをしておくかバックアップをとっておくことお勧めします。


サブドメインの301リダイレクト設定方法

サブドメインの301リダイレクト設定は、 エックスサーバーのファイルマネージャーから行います。


1.エックスサーバーにアクセスする

アクセスはこちらから ⇒ エックスサーバー 


エックスサーバーのホーム画面にある「ログイン」にカーソルを合わせて、プルダウンの中から「ファイルマネージャー」をクリックします。


2.ファイルマネージャーに ログインする

ファイルマネージャーのFTPユーザー名IDとパスワードを入力してログインします。


3.ドメイン名から順番にクリックしていく

クリックしていくと項目が開かれていくので、順番にクリックしていきます。

①ファイルの中からサブドメインを設定している「ドメイン」→②「public_html」→③設定したい「サブドメイン」→④「.htaccess」→⑤「編集」


4..htaccess を編集する

1.ファイル編集画面が表示されます。はじめから記入されているテキストの一番上に「301リダイレクトコード」を挿入します。

※301リダイレクトコードを入力した画面です。はじめから入力されていた文字列が画像とは違う場合がありますが、一番上に挿入できていれば大丈夫です。


【301リダイレクトコード】エックスサーバーのマニュアルから引用

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]


2.コードの挿入が終われば「更新」をクリックします。


301リダイレクト設定はこれで完了しました。


301リダイレクトの確認

すべてのページがhttps化(常時SSL化)したサイトへ正常にリダイレクト設定できている確認しておきましょう。

確認方法は、https化する前ののURLにアクセスします。このサイトのホームページでは、 http://study.graceeight.com です。

※httpの後に「s」を付けていないURLです。

しかし、アクセス先のURLは https://study.graceeight.com になっています。

アクセス先がhttps化(常時SSL化)されたURLのサイトが表示されていれば、301リダイレクトの設定は無事にできています。



次は、WordPressテーマ「Cocoon」を設定していきましょう。




コメント

タイトルとURLをコピーしました