サーチコンソールの使い方と登録方法

サーチコンソールの使い方と登録方法ワードプレス

Googleサーチコンソール使い方を知って、サイトの最適化に役立たせましょう。

サーチコンソールはSEO対策の欠かせない、必ず設定しておきたいツールです。WordPressテーマ「Cocoon」とエックスサーバーを利用したサーチコンソールの登録方法を説明します。


スポンサーリンク

サーチコンソールとは

サーチコンソールは、サイトへアクセスする前のデータを知ることができるツールです。Googleが提供している無料で使えるサービスです。

サーチコンソールの使い方を知ることで、サイトの管理や改善に役立たせることができます。また、サイトにエラーが発生していないかなどの情報を詳細に調べることができます。


サーチコンソールの使い方

サーチコンソールの使い方の中で、特に知っておきたい項目を説明します。


サーチコンソール「検索パフォーマンス」の使い方

サーチコンソールの検索パフォーマンスは、検索結果における重要な情報を知ることができる項目です。


  • 合計クリック数:検索結果からクリックさせた回数
  • 合計表示回数:検索結果に表示された回数
  • 平均CTR:クリック数/表示回数からのクリック率
  • 平均掲載順位:検索結果の平均掲載順位


掲載順位は高いがクリック数が少なければタイトルを変更するなど、データ結果から、改善方法を見つけていくことができます。

表示期間は選択できるので、自分が確認したい期間を表示させましょう。


検索パフォーマンスの下に表示されている「クリエ」では、どんな検索キーワードで表示されたのか、そのクリック数や表示回数を確認できます。

自分が予想していた検索キーワードだったのか、それとも違うキーワードからのアクセスだったのかを知ることができるので、今後のキーワード対策に役立たせます。

「ページ」をクリックすると、クリック数が多いページが順番に表示されます。


サーチコンソール「ガバレッジ」の使い方

サーチコンソールのガバレッジは、エラーが発生しているページがないかを確認することができる項目です。もしエラーがあれば、詳細も確認できるので修正をしておく必要があります。

  • エラー:修正が必要ページがある
  • 有効(警告あり):注意が必要なページがある
  • 有効:問題なし
  • 除外:意図的に除外されているページ


サーチコンソール「リンク」の使い方

サーチコンソールのリンクは、自分のサイトのリンク数を確認できる項目です。


サーチコンソールを登録する

サーチコンソール使い方は、今はまだ理解できない項目があるとしても使っているうちに理解が深まってきます。まずは、サーチコンソールを登録しておきましょう。画像を見ながら進めていけば、簡単に設定することができます。



サーチコンソールにサイトを登録する

1.サーチコンソールにアクセスして、Googleアカウントでログインします。


2.初めてサーチコンソールに登録する場合は、プロパティタイプの選択へ進んでください。

すでにサイトを登録している場合は「Google Search Console」と書かれているすぐ下のプルダウンの中から「プロパティの追加」をクリックします。


3.プロパティタイプの選択画面から「ドメイン」または「URLプレフィックス」を選択します。

  • ドメインプロパティ:サイト全体をまとめて分析する場合に登録
  • URLプレフィックス:サブドメインやサブディレクトリなどサイト別に分析する場合に登録

※ドメインプロパティとURLプレフィックスは設定方法が異なります。どちらを登録するか迷っている場合は、まずドメインプロパティの設定を行いましょう。そのあとで、サブドメインなどがあれば登録してください。


ドメインプロパティを設定する

ドメインプロパティを設定すると、複数のサイトのデータをまとめて分析することができます。

設定には、DNS(ドメインネームシステム)レコードでドメインの所有権の確認が必要です。契約しているレンタルサーバーによってDNSレコードの設定方法が異なります。エックスサーバーを利用した設定方法はこちらをご覧ください。



エックスサーバー以外は各レンタルサーバーの公式ページを参照にDNSレコードの設定を行ってください。


URLプレフィックスを設定する

URLプレフィックスを設定すると、サブドメインやサブディレクトリなどサイト別に分析することができます。


1.サーチコンソールを登録する前にGoogleアナリティクス4(GA4)を「Cocoon」に設定しておきます。自動で所有権を確認してくれるので設定が簡単にできます。Googleアナリティクス4(GA4)を「Cocoon」に設定していない場合は、必ず完了させておきましょう。

Googleアナリティクス4(GA4)を「Cocoon」に設定していれば、次に進んでください。


≫≫Googleアナリティクス4(GA4)を「Cocoon」に設定する方法はこちら


2.プロパティタイプの選択画面から「URLプレフィックス」を選択、URLを入力して「続行」をクリックします。


3.「所有権を自動確認しました」と表示されればサイトが無事に登録されました。データが反映されるまで待ちましょう。

※事前に「Cocoon」でのアナリティクスの入力が完了しているので、所有権を自動で確認してくれます。


サーチコンソールとアナリティクスを連携する

サーチコンソールの登録が完了した後は、アナリティクスと連携しておきましょう。

連携しておくことで、サーチコンソールのデータをアナリティクスレポートでも確認することができるようになるのです。1つのツールで情報をまとめてみることが可能になるので利便性が向上します。


サーチコンソールとGoogleアナリティクス4(GA4)の連携方法

サーチコンソールとGoogleアナリティクス4(GA4)の連携方法はこちらをご覧ください。



サーチコンソールとユニバーサルアナリティクス(旧アナリティクス)の連携方法


1.アナリティクスの画面を開き、すべてのアカウントが設定するアカウントになっていることを確認して「設定」→「プロパティ設定」をクリックします。


2.プロパティ設定画面なるので、画面を下にスクロールして「Search Consoleを調整」をクリックします。


3.Search Console の設定の「追加」をクリックします。


4.サーチコンソールのサイトに移ります。

サーチコンソールに登録されているサイトの一覧から連携するサイトを選択して「保存」をクリックします。

※サーチコンソールの設定を先に行っておかないと、サイト一覧に表示されません。


5.「関連付けの追加」のポップアップが表示されるので「OK」をクリックします。


アナリティクスとの連携は完了です。


連携ができているかを確認する

1.アナリティクスにアクセスします。


2.「レポート」にある「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックします。


データが表示されていれば連携ができています。

※もし「このレポートを使用するにはSearch Consoleの統合を有効にする必要があります」と表示されたら、連携ができていません。

「Search Consoleのデータの共有の設定」をクリックして、プロパティ設定の「Search Consoleを調整」から連携を行ってください。


サーチコンソールの上手な使い方

サーチコンソールは登録するだけでは役に立ちません。

サーチコンソールの上手な使い方は、得られた情報をしっかりと分析することです。そして、サイトの構築につなげていくことです。

サーチコンソールをたくさん活用していきましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました