※当サイトには広告・プロモーションが含まれています

上位表示にはSEOキーワードが必須

上位表示にはSEOキーワードが必須 ワードプレス
スポンサーリンク

検索結果の上位表示を狙うためには、SEOキーワードを知ることが必要です。SEOキーワードとは、ユーザーが検索する際に使用する言葉のことです。SEOキーワードを理解することで、ユーザーのニーズを把握し、検索結果で上位表示されやすくなります。

この記事では、SEOキーワードの重要性と検索方法を詳しく解説します。


これからSEOを学びたい方やSEO検定受験を検討している方におすすめ


SEOキーワードが重要な理由


検索結果で上位表示されるためには、SEOに強いキーワードを選ぶことが必要です。

SEOに強いキーワードとは、ユーザーのニーズに適したキーワードのことです。ユーザーがどんな言葉で、どのような理由で検索しているかを把握していることが必要になります。

ユーザーのニーズに適したキーワードが含まれたサイトは、検索エンジンからの評価が高まります。検索結果の上位表示につながり、クリック率も高まります。

しかし、ニーズが多いキーワードは競合も多いです。

競合が多いということは、上位表示されることが難しくなります。そのため、検索数が適度にあり、競合が少ないキーワードを探さなければいけません。


SEOキーワードの狙い方


例えば、「ボウリング」をキーワードに記事を書こうとします。しかし、「ボウリング」では企業などのサイトが上位表示されており、検索結果から上位表示を狙うことは困難です。

そこで、「ボウリング 200」というキーワードにします。すると、検索で上位表示することができました。

このように、キーワードを組み合わせることで上位表示を狙うことができます。


SEOキーワードの基本

検索上位を狙うためのSEOキーワードを選定するためには、ビッグキーワードとスモールキーワードを理解しておく必要があります。

ビックキーワードとスモールキーワードの性質の違いを紹介します。


ビッグキーワードとは

ビッグキーワードとは、検索エンジンで検索数が多いキーワードのことです。

「ボウリング」など、誰でもが知っている1単語であることが多いです。月間の検索数が1万回以上が目安と言われています。


ビッグキーワードは、検索数が多いので多くのアクセスが見込めます。

しかし、企業などのクオリティの高い強力な競合サイトが多いため上位表示を狙うことが困難です。また、ビックキーワードには、様々なニーズが混在しているためターゲットを絞りにくくなります。

先ほどの「ボウリング」というビッグキーワードで例えると、ユーザーが求めている情報は「ボウリング遊び場」なのか「ボウリング方法」なのかわからないということです。「ボウリング」でヒットしたとしても、ニーズと異なる内容のサイトならばアクセスアップにはつながりません。


スモールキーワードとは

スモールキーワードとは、検索数が少ないキーワードのことです。

「ボウリング スペアボール おすすめ」のような、複数の単語を組み合わせたキーワードであることが多いです。月間の検索数が1千回未満が目安と言われています。


また、複数の単語を組み合わせたキーワードは、ロングテールキーワードと呼ばれています。


ロングテールキーワードでSEO強化


ロングテールキーワードでSEO強化を狙いましょう。

まずは、ビッグキーワードからメインのキーワードを選びます。その後に、ビックキーワードに関係する複数のキーワードを決めます。

ロングテールキーワードは、検索数は多くありませんが競合が少ないので上位表示を狙うことができます。

ターゲットが絞られるので、ユーザーが求めている情報に適したサイトを作りやすくなり、再訪問してもらえるなど顧客を獲得しやすくなります。


キーワードは詰め込みすぎると何を伝えたいのかがわからなくなります。1記事1キーワードに絞って、分かりやすい記事を書くことが大切です。

ユーザーの検索意図にマッチするようなキーワードの組み合わせを探しましょう。


SEOキーワードの検索方法

SEOキーワードの検索方法を紹介します。

ユーザーはどのような情報を求めているのかを知ること、狙っているキーワードの検索数や難易度を知ることは大切です。検索しているうちに、思いつかなかったキーワードがひらめくかもしれません。

自分に適した検索方法でSEOキーワードを検索してください。


検索窓でSEOキーワードを検索する

自分が狙うキーワードを検索窓から実際に検索してみましょう。

検索窓に表示される候補キーワードは、検索頻度が高いキーワードです。そして、検索結果に表示されているサイトを見てみましょう。上位表示されているサイトは検索エンジンに評価され、多くに人に閲覧されているサイトです。


yahoo!知恵袋などで悩みを知る

yahoo!知恵袋などの質問サイトを参考にしてみましょう。ユーザーが実際に悩んでいること、知りたいこと、解決したいことなど知ることができます。


無料ツールでSEOキーワードを調べる

SEOキーワードを調べるときに使用している無料で利用できるツールです。SEOキーワードのボリュームや難易度を知ることができます。

>>無料のキーワードリサーチ「ラッコキーワード」

>>SEOキーワード難易度チェックツール


SEOキーワードで上位表示を狙おう

SEOキーワードを適切に選定することで、検索結果で上位表示を狙うことができます。

大切なことは、ユーザーのための記事を書くことです。ユーザーのニーズに応えられるサイトを作り上げていきましょう。


▼最新のSEO技術が学べる検定試験▼


<SEO対策のおすすめ記事>

SEO対策に必要な知識とスキルを身につけることができる「SEO検定」とは?





コメント

タイトルとURLをコピーしました