【WordPress】再利用ブロックの使い方と注意点

【WordPress】再利用ブロックの使い方と注意点ワードプレス

WordPressの再利用ブロックとは、同じ内容のブロック(コンテンツ)を何度でも簡単に表示させることができる機能です。繰り返し使いたいブロックを登録しておけば、記事を書く時間や手間が省けます。とても便利な再利用ブロックの使い方を説明します。


スポンサーリンク

WordPressの再利用ブロックとは

WordPressの再利用ブロックとは、同じ内容のブロック(コンテンツ)を何度でも簡単に表示させることができる機能です。

定型文や広告コードなど繰り返し使いたいブロックを登録しておけば、同じ記事内の複数の場所や別の記事ですぐに利用できます。毎回同じ文章を書く必要がなくなるため、時間や手間が省けて効率よく記事を書くことができます。


再利用ブロックのメリット

再利用ブロックは、内容を変更すると別の場所で使っている同じ再利用ブロックの内容も自動で変更されます。そのため、編集したい場合はどこか1つの再利用ブロックを変更するだけいいので管理が楽です。

もちろん、通常ブロックに戻して変更が反映されないようにすることもできます。


再利用ブロックの使い方

WordPressの再利用ブロックの使い方を説明します。再利用ブロックは何個でも作成できるので、繰り返し使う定型文や広告コードなどを作成しておくことがおすすめです。

  1. 再利用ブロックを作成する
  2. 再利用ブロックを表示させたい場所に設定する


再利用ブロックを作成する

1.再利用ブロックに登録したいブロックを選択します。


2.ツールバーの「オプション」→「再利用ブロックに追加」をクリックします。


3.管理しやすい名前を入力→「保存」をクリックします。再利用ブロックが作成されました。


再利用ブロックを設定する

1.記事の中の再利用ブロックを設定したい場所にカーソルを合わせて、左上にある「+」をクリックします。


2.「再利用可能」→設定したい再利用ブロックを選択してクリックします。


3.記事の中に再利用ブロックが追加されました。


再利用ブロックの編集方法

再利用ブロックの編集は記事投稿画面から行います。


記事の中で再利用ブロックを利用している場合

記事の中で再利用ブロックを利用している場合は、直接内容を変更すればすべての再利用ブロックに変更が反映されます。

簡単に変更することができるので便利です。しかし、間違って変更してしまうとすべての再利用ブロックに反映されてしまうので確認を行いながら編集してください。


記事の中で再利用ブロックを利用していない場合

1.投稿記事画面の右上の「オプション」→「再利用ブロックを管理」をクリックします。

※別ページに移動するので、編集中の記事の場合は「保存」または「更新」をしてからページを離れます。


2.編集したい再利用ブロックにカーソルを合わせて「編集」をクリックします。

※不要になった再利用ブロックは「ゴミ箱へ移動」をクリックすると削除できます。


3.再利用ブロックの内容を変更して「更新」をクリックすれば、一括で変更が反映されます。


再利用ブロックの使い方の注意点

再利用ブロックの使い方には注意点があります。それは、どこか1つの内容を変更すると別の場所で使っている同じ再利用ブロックの内容も自動で変更されるということです。

もし、特定の再利用ブロックだけ内容の変更を反映したくない場合は、通常のブロックに変換します。


変更の内容が反映されない通常ブロックへの変換方法

記事の中に設定している再利用ブロックを選択して、ツールバーの「通常のブロックへ変更」をクリックします。通常ブロックに変換されました。

内容を変更しても他の再利用ブロックに反映しない、他の再利用ブロックからの反映もされない状態になりました。

いちど通常ブロックに戻すと、再利用ブロックへと戻すことはできません。そのため、もう一度再利用ブロックとして設定し直すことが必要です。


再利用ブロックを活用しよう

WordPressの再利用ブロックの使い方は簡単です。記事のどんな位置にも追加することができるので、上手に活用すれば効率よく記事を書くことができます。定型文や広告コードのほか、リストや表など手間がかかる文章などの再利用ブロックを作成しておくと便利です。

再利用ブロックはすべての内容が一括で管理できることも良さの1つです。管理が行いやすく、簡単に作成できるので活用してみください。


<再利用ブロックを利用したアドセンスの記事内広告の設定方法はこちら>



コメント

タイトルとURLをコピーしました