【SEO対策】サーチコンソールで送信するXMLサイトマップとRSS/Atomフィード

【SEO対策】サーチコンソールで送信するXMLサイトマップとRSS/Atomフィードワードプレス

サイトマップの送信は、SEO対策に有効です。効率よく検索エンジンへサイトの情報を伝えるためにXMLサイトマップとRSS/AtomフィードをGoogleサーチコンソールに登録しましょう。

サイトマップをGoogleサーチコンソールに登録する理由や送信方法について詳しく説明します。


スポンサーリンク

Googleサーチコンソールで送信する4つのサイトマップ

サイトマップとは、サイト上のページや動画などのファイルについての情報や、各ファイルの関係を伝えるファイルです。Google などの検索エンジンは、このファイルを読み込んで、より効率的にクロールを行います。サイトマップはサイト内の重要なページとファイルを Google に伝えるだけでなく、重要なファイルについての貴重な情報(ページの最終更新日やすべての代替言語ページなど)も提供します。

Google検索セントラル:サイトマップについて

サイトマップ作成後は、検索エンジン(Google)にサイトの更新情報を送信することで記事のインデックスを早めてもらいやすくなります。

サイトマップを送信する方法としてgoogleサーチコンソールにサイトマップを登録します。サイトマップが新規作成、または更新されればGoogleに情報が伝わり検索エンジンが巡回するようにリクエストされます。

送信するサイトマップは次の4つです。

  • XMLサイトマップ(sitemap.xml)
  • 圧縮されたXMLサイトマップ(sitemap.xml.gz)
  • RSSフィード(feed)
  • Atomフィード(feed/atom)


サイトマップの作成には、WordPressプラグイン「(Google) XML sitemaps」を導入します。サイトマップの作成がまだの方は、こちらの記事をご覧ください。


XMLサイトマップとRSS/Atomフィードを送信する理由

Googleでは、最適なクロールを行うために、XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの両方を使用することをおすすめしています。XMLサイトマップによって、Googleはサイト内の全ページに関する情報を取得することができ、RSS/Atomフィードによって、サイト内のすべての更新情報を取得することができるからです。

Google検索セントラル:XML サイトマップと RSS/Atom フィードのベストプラクティス


XMLサイトマップ(sitemap.xmlとsitemap.xml.gz)とは

XMLサイトマップ(sitemap.xml)は、サイトの全ページの情報を検索エンジンに伝えるために作成されるファイルです。検索エンジンは、このファイルを読み込んで効率的にサイトの情報を収集します。

XMLサイトマップの特徴は、サイトの全情報を検索エンジンに伝えることです。しかし、ファイルサイズが大きく、次に説明するRSS/Atomフィードよりも更新頻度は少なくなります。

「sitemap.xml.gz」は、圧縮されたXMLサイトマップです。送信される内容は、XMLサイトマップと同じです。サイズが小さいのでGoogleがサイトの情報を読み取る効率が上がります。

同じ内容のサイトマップなので、どちらか1つ送信しておけば問題ないかもしれません。しかし、2つとも重要なファイルなので、両方のXMLサイトマップを送信しておくことをおすすめします。

XMLサイトマップは、「https://ドメイン/sitemap.xml」にアクセスすると確認ができます。


RSS/Atomフィードとは

フィードは、サイトの最新情報を配信する機能です。RSSやAtomとは、フィードのフォーマット(形式)であり、Googleではサイトマップとして利用することができます。

RSS/Atomフィードをサイトマップとして送信すると、サイトの新規記事や更新の情報をより早く検索エンジンに伝えることができます。ファイルサイズが小さく、頻繁に更新されることが特徴です。


XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの送信方法

Googleサーチコンソールから4つのサイトマップを送信する方法を説明します。


1.Googleサーチコンソールにログインします。


2.プルダウンの中からサイトマップを送信するサイトを選択→「サイトマップ」をクリックします。

新しいサイトマップの追加に送信したいサイトマップのURLを入力して「送信」をクリックします。


送信するサイトマップは「sitemap.xml」「sitemap.xml.gz」「feed」「feed/atom」の4つです。1つずつ送信していきましょう。

  • 「sitemap.xml」→XMLサイトマップの送信
  • 「sitemap.xml.gz」→圧縮されたXMLサイトマップの送信
  • 「feed」→RSSフィードの送信
  • 「feed/atom」→Atomフィードの送信


3.4つのサイトマップの送信が終われば、Googleサーチコンソールの登録が完了です。

ステータスに「取得できませんでした」となっていても大丈夫です。時間をおいてから再度アクセスしてみてください。


サイトマップを送信してSEO対策

GoogleサーチコンソールでXMLサイトマップ、RSS/Atomフィードを送信することで、サイトのインデックスをより最適化することができます。

XMLサイトマップとRSS/Atomフィードでは、それぞれ異なった大切な役割があります。

役割更新頻度
XMLサイトマップサイト全体の情報を検索エンジンに伝えるRSS/Atomフィードより少ない
RSS/Atomフィードサイトの新規記事や更新情報を検索エンジンに伝える頻回に更新される


サイトマップの送信は、SEO対策に効果があります。Googleサーチコンソールには4つのサイトマップ(sitemap.xml・sitemap.xml.gz・feed・feed/atom)を登録、送信することを忘れないようにしましょう。



コメント

タイトルとURLをコピーしました