サイトマップ作成「XML Sitemap&Google News」の設定方法

サイトマップ作成「XML Sitemap&Google News」の設定方法ワードプレス

「XML Sitemap&Google News」を利用した、XMLサイトマップの設定方法を説明します。XMLサイトマップはSEO強化につながるので必ず作成しておきましょう。

また、作成したXMLサイトマップはGoogleサーチコンソールに登録しておくことも忘れずに行います。


スポンサーリンク

XMLサイトマップ作成「XML Sitemap&Google News」とは

XML Sitemap&Google News」とは、XMLサイトマップを自動で作成するWordPressプラグインです。

XMLサイトマップとは、検索エンジンに伝えるためのサイト全体の情報をまとめたファイルのことです。

サイトマップには、「HTMLサイトマップ」と「XMLサイトマップ」があります。HTMLサイトマップはユーザーのため、XMLサイトマップは検索エンジンために作成されるサイトマップです。

XMLサイトマップを作成することで、検索エンジンにサイトを見つけてもらいやすくなります。SEO強化のために必ず作成しておきましょう。


サイトマップの必要性については、Google公式サイト「サイトマップについて」に詳細が記載されています。


XMLサイトマップの作り方

WordPressには、XMLサイトマップが自動生成される機能が標準搭載されています。しかし、細かい設定ができません。サイトマップをより有効に活用するために、プラグインを導入してXMLサイトマップを作成します。


設定方法がシンプルで分かりやすいおすすめのプラグイン「XML Sitemap&Google News」です。サイトに合わせて最適化したXMLサイトマップを作成することができます。

他の XML サイトマップ用プラグインと比べて、本プラグインの便利な特徴は単純さです。ファイルやフォルダのアクセス権を変更したり、ファイルを移動したり、プラグイン設定のための難しい調整に時間をかける必要はありません。

WordPressプラグイン「XML Sitemap&Google News」


「XML Sitemap&Google News」の設定方法

XML Sitemap&Google News」の設定方法を説明します。インストール後は、設定を変更してサイトに適したサイトマップを作成します。


「XML Sitemap&Google News」をインストール

1.WordPressサイドバーの「プラグイン」→「新規追加」をクリックします。


2.検索窓に「XML Sitemap&Google News」と入力→プラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。


3.「有効化」をクリックします。


4.「XML Sitemap&Google News」が有効化されました。


「XML Sitemap&Google News」を設定する

1.左サイドメニューの「設定」→「表示設定」→「設定」をクリックします。

「XMLサイトマップインデックス」にチェックが入っていないとサイトマップが作成されないので、必ず確認してください。


3.「XMLサイトマップ」の設定画面が表示されます。

「投稿タイプ」は初期設定のままで問題ありません。


4.「タクソノミー」タブをクリックします。「カテゴリー」と「タグ」にチェックを入れて、「変更を保存」をクリックします。

タクソノミーとは分類のことです。チェックを入れて、カテゴリー・タグをサイトマップに含める設定にします。


5.「authors」タブをクリックします。「lnclude authors」のチェックをはずします。

Authors(著者)ページを作成していない場合はチェックをはずします。


6.「高度な設定」は初期設定のままで問題ありません。



XMLサイトマップをサーチコンソールに登録する

XMLサイトマップをGoogleサーチコンソールに登録する理由は、より早くサイトを見つけて検索結果に反映されやすくするためです。


1.Googleサーチコンソールにログインします。


2.サイトを選択して「サイトマップ」をクリックします。


3.新しいサイトマップの追加に「sitemap.xml」と入力して、「送信」をクリックします。


4.「サイトマップを送信しました」と表示すれば完了です。「OK」をクリックします。


6.ステータスが「成功しました」となれば、XMLサイトマップの送信は完了です。

ステータスに「取得できませんでした」となっていても大丈夫です。時間をおいてから再度アクセスしてください。


7.続けて、新しいサイトマップの追加に「sitemap.xml.gz」「feed」と入力して、それぞれ送信します。

  • sitemap.xml.gz(圧縮されたサイトマップ):軽量化したファイルなので記事のインデックスを早めることができる
  • feed(RSSフィード):最新記事を効率よく検索エンジンに伝えることができる


8.3つのサイトマップの送信が終われば、Googleサーチコンソールの登録が完了です。

ステータスに「取得できませんでした」となっていても大丈夫です。送信したいサイトマップの行をクリックして再送信するか、時間をおいてから再度アクセスしてください。


XMLサイトマップマップの確認

①「設定」→「表示設定」→「表示」をクリック

または

②「https://ドメイン/sitemap.xml」にアクセスするとサイトマップの確認ができます。


XMLサイトマップ作成と設定のまとめ

XML Sitemap&Google News」を利用してXMLサイトマップを作成することは、SEO強化につながります。また、作成したXMLサイトマップはGoogleサーチコンソールに登録しておくことで、より検索結果に反映されやすくなります。

XMLサイトマップを作成後は、Googleサーチコンソールに3つのサイトマップを登録しておきましょう。

  • sitemap.xml
  • sitemap.xml.gz
  • feed



コメント

タイトルとURLをコピーしました