Googleアナリティクス4(GA4)へアップデートしよう

Googleアナリティクス4(GA4)へアップデートしようCocoon

2020年10月に新しいGoogleアナリティクス(GA4)が導入されました。機能や設定方法が大きく変わりましたが、ユニバーサルアナリティクス(従来のアナリティクス)も引き続き利用することができます。

ユニバーサルアナリティクスに新しいGoogleアナリティクスを追加して、新機能と従来の機能を併用して活用する設定方法を説明します。なお、使用しているWordPressテーマは「Cocoon」です。



スポンサーリンク

Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)とは

2020年10月に新しいGoogleアナリティクスが導入されました。新しい機能が追加され、アクセス解析をより充実させることができる内容になっています。Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)は、新しく作成するプロパティのデフォルトでもあり、今後もどんどん改良を進めていくとのことです。

しかし、GA4とユニバーサルアナリティクス(従来のアナリティクス)とでは、取得できる解析データや連携できるツールに違いがあります。そのため、現段階ではGA4とユニバーサルアナリティクスの両方を併用していくことをおすすめします。


新しいGoogleアナリティクス(GA4)の特長

新しいGoogleアナリティクス(GA4)は、機械学習を導入して未来の予測を行う、ユーザー中心の計測方法、プライバシーの強化など、より高度な機能が提供されるようになっています。

GA4とユニバーサルアナリティクス(従来のアナリティクス)では、測定の視点が異なります。これまで収集されたデータは移行するのではなく、新たにプロパティを作成してデータの収集を開始していくということです。

まだGA4の使い方がわからなくても、早い段階で導入しておくことで多くのデータを収集して蓄積していくことができます。そのため、ユニバーサルアナリティクスと併用して利用することをおすすめします。



Googleアナリティクス4(GA4)へアップデートする目的

  • 新しいGoogleアナリティクス4プロパティ(GA4)を作成して新機能のデータ収集を行う
  • 現在活用しているユニバーサルアナリティクス(従来のアナリティクス)の設定を残したまま、従来のデータ収集を継続する


Googleアナリティクス4(GA4)へのアップデート方法

すでにユニバーサルアナリティクス(従来のアナリティクス)を利用している場合の、Googleアナリティクス4(GA4)へのアップデート方法です。ユニバーサルアナリティクスを残したまま、新しいプロパティを作成します。

新旧のGoogleアナリティクスを併用してデータ収集を行いましょう。

※Googleアナリティクス4(GA4)プロパティを新規に作成するのみです。ユニバーサルアナリティクスの設定は変更しません。


<ユニバーサルアナリティクスからのアップデートではなく、新規にGoogleアナリティクスにサイトを登録する場合はこちら>


Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)の作成方法

1.Googleアナリティクスにアクセス→「管理」→「GA4設定アシスタント」をクリック



2.新しいGoogleアナリティクス4プロパティを作成するにある「ようこそ」をクリック



3.「プロパティを作成」をクリック→Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)が作成される



4.Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)の設定アシスタントが「接続済み」になり、「GA4プロパティ名」と「プロパティID」が表示されていることを確認してください。



5.管理画面のプロパティ横にあるプルダウンをクリックすると2つのIDが作成されています。(IDが表示されない場合は、ページを再読込して最新のページにしてください)




新しいGoogleアナリティクス4(GA4)とユニバーサルアナリティクスが併用して活用できるようになりました。


コメント

タイトルとURLをコピーしました